The columns of our relaxation salon

立川で肩こりや腰痛に悩む方におすすめのリフレクソロジー~リフレクソロジーの歴史~ | グイット立川南口店
立川で肩こりや腰痛に悩む方におすすめのリフレクソロジー
~リフレクソロジーの歴史~
●立川で肩こりなどにお悩みならもみほぐし施術を!夫婦で癒しの時間を

立川で肩こりなどにお悩みの方は、グイット立川南口店のもみほぐし施術をぜひお試しください。グイット立川南口店では、ペアで受けられる全身もみほぐしメニューをご用意しております。ご夫婦で受ける事も可能ですので、癒しの時間を仲良く夫婦で体験したいという方は、ぜひお気軽にお越しください。

●立川で肩こりなどの不調を改善するならリラクゼーション・リンパマッサージサロンへ!子育てでお疲れの方にもおすすめ

立川で肩こりなどの不調にお悩みの方は、リラクゼーション・リンパ・デトックスサロンのグイット立川南口店をご利用ください。グイット立川南口店がご提案する施術メニューは、子育てをしている方にもおすすめです。熟練のプロが行う施術では、子育てや家事によって溜まった疲れを癒す事が可能です。特にやってもらいたい部位を指定して頂ければしっかりと対応いたしますので、お気軽にお声がけください。

●リフレクソロジーの歴史

◇リフレクソロジーの歴史~古代編~

歴史といっても諸説ありますが、リフレクソロジーは非常に古い歴史があり、紀元前2500年頃のエジプトには既に行われていたと考えられています。なぜそのように考えられているのか?その理由は古代エジプト文明が残したとされる壁画に、足の裏を揉んでいる人間が描かれているからです。また、エジプト以外にも中国やインドのアーユルヴェーダなどに、リフレクソロジーの原型とも呼べる施術方法が記載された資料が見つかっており、古くから足を刺激する施術方法が存在していた事が伺えます。

 

◇リフレクソロジーの歴史~近代編~

リフレクソロジーの原点を考えだしたのは、19世紀に医師として活躍していたアメリカのウィリアム・フィッツジェラルド博士です。彼は手術を行っている最中の患者がベッドの縁などに手や足を押し付ける姿をヒントに研究を行い、その結果ゾーン・セラピーという名前の本を出版しました。その後、アメリカの理学療法士のユーニス・イングハム女史がこの本に書かれている理論をさらに発展させ、フットチャートと呼ばれるものを作成しました。このフットチャートは、現代のリフレクソロジーの基本として考えられています。また、ユーニス・イングハム女史はアメリカやアジア諸国、ヨーロッパなど様々な国にリフレクソロジーを広めました。その事から彼女はリフレクソロジーの母と呼ばれる事もあります。

 

◇リフレクソロジーの歴史~現代編~

現代の日本では、リフレクソロジーは主にリラクゼーションが主体の施術方法として広まっており、様々なお店が登場するようになりました。ストレス社会と呼ばれている現代の日本において、リフレクソロジーは人々を癒す施術方法として今後も普及する事が予想されています。グイット立川南口店もリフレクソロジーを扱うお店として、お客様の身体をしっかりとケアしていきます。

【肩こりにお悩みなら立川にあるグイット立川南口店まで】

サイトタイトル